blog de ジロン

アクセスカウンタ

zoom RSS アングラと汎用品の境界

<<   作成日時 : 2009/02/27 23:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 東京地裁において、マジコンに輸入販売の差し止め判決が出されたようです(参考リンク)。専用ソフトしか走らないゲーム専用機を汎用ソフトも走らせることができるようにしたら結果的に不正コピーソフトも動いてしまった、と主張するには白々し過ぎたと判断されたのでしょうか。犯罪行為を目的に違法品を売ることに対する判決なら何も文句はないのですが、ではその境界はどこなのだろうと考えると、危うい判決にも思えます。

 言うまでもなくこの国は法治国家を標榜しています。それは本来、法を司るものによる恣意的な判断の挟まる余地のない世界なのですが、現行法で捌けない(=不備があった)場合に”血の通った司法”と称して法的に微妙な判断が為される例も散見されています。でもそれでは、事前に公開されている法を前提とした考えが成り立たないことも意味します。すなわち法治国家としての崩壊です。

 更に危険なのは、このような司法判断の積み重ねた上で法改正も視野に入れられていること(参考リンク)。うっかりするとリバースエンジニアリングの禁止とか、メーカの望まない使用方法、販売の禁止とか主張されかねません。

 とまぁ不必要に風呂敷を広げるつもりもないのですが(笑)、取り敢えず

・価格相応の価値を認めるなら買え
・欲しいけど価格に見合わないと思ったら廉くなるまで待て
・金出してまで欲しいと思わなければそれだけの代物だ

 辺りの啓蒙から始めましょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
アングラと汎用品の境界 blog de ジロン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる