blog de ジロン

アクセスカウンタ

zoom RSS 四つry、二つで十分で...は無かった件(このネタ使いすぎ)

<<   作成日時 : 2012/06/30 23:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像 65W 8コアOpteron から始まった AMD の低電圧路線は間違っていないとは思いますが、ここへ来て Sempron 復活とか、流石に予想外過ぎます(参考リンク)。そんなこととは関わりなく。今更2コアの CPU を買うことも無いだろうと思っていたのですが、現在動画のエンコードで使っている Phenom2 X4 905e(4コア 2.5GHz)に比較して 800MHz クロックの高い2コアの CPU でエンコードした場合、どちらが速いのだろう? との純粋な疑問から Athlon2 X2 265(2コア 3.3GHz)を購入してみました(写真)。

 CPU の TDP は 65W まで、との縛りを自分に嫁しているため Athlon X2 265 が AMD 系で入手できる最高クロックになります。そして実際に常用環境で CPU だけを入れ替えてエンコード速度を測ってみました。

条件:
 Aviutl0.99i を使用して DivX6.4 へ二種のファイル(24分ほど)をエンコード 。フィルタ類も常用のまま。

結果:
・Athlon2 X2 265(3.3GHz)
サンプルA:1時間55分
サンプルB:2時間9分

・Phenom2 X4 905e(2.5GHz)
サンプルA:1時間50分
サンプルB:2時間1分

 結構いい勝負をしましたが、結果的に 800MHz の差ではコア数の差を埋められませんでした。これは比較的マルチスレッドへの対応が弱い DivX6 系で、更に出力プラグインの一部にシングルスレッドのものが含まれているためこの程度の差で収まっている感はあります。この実験での閾値は 1GHz 辺りでしょうか。やはりコア数の方が効くと言う結論です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
四つry、二つで十分で...は無かった件(このネタ使いすぎ) blog de ジロン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる