blog de ジロン

アクセスカウンタ

zoom RSS 「傘」の実力

<<   作成日時 : 2012/10/02 21:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像 今日は通勤時間帯がいい感じに雨だったのでゾロ屋根 PCX の雨天性能を確認することができました。先ずは素の実力を知らねば何もできないため敢えて屋根以外の対策を行っていません。比較は Majesty125Fi+ゾロ屋根(コマジェ)。

 上半身はコマジェより優秀です。コマジェでは肘辺りまで濡れていましたが、PCX では手の部分だけです。これはゾロ屋根のフロントスクリーンがコマジェより体に近いからだと思われます。反面、下半身はすね辺りを中心として普通に濡れてしまいます。これは PCX 本体側がフロント下部にデザイン上の絞りを入れており、その部分が走行中は無防備だからです(写真)。

 下半身の濡れは予想できていたことですが、考えていたよりも広範囲に濡れてしまったのでやはり何らかの対策が必要なようです。もう少し単純な形状なら自力で何とかしようとか思うのですが...

 それ以外のいくつか。やはり間欠ワイパーは便利です。ワイパースイッチの操作から解放される悦び。それと、最初は面白がって使っていたアイドリングストップですが、現在は切っています。雨天アイドリングストップ時のワイパー動作が高負荷。停車時間が短いと判っている(青信号発車待ち車列の最後尾に付ける、見通しの悪い交差点での一時停止等)ときにアイドリングストップさせたくなくてスロットルを開け気味にしたり安全確認が疎かになったりと、余り宜しく無いクセが付きそうだったためです。何より安全が優先しますので。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「傘」の実力 blog de ジロン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる