blog de ジロン

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年最初の記事なので明るい話をしようと思う

<<   作成日時 : 2018/01/14 23:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像 今風のタイトルってこんな感じでいいんですかね? そんな訳で、昨年末に購入した LED ヘッドライトの比較など。そもそもは KLX125 のハロゲン HS1 35w のヘッドライトが予想以上に暗かったことから始まっています。同じ仕様の BENLY110 さんはもう少し明るく感じるのですが、恐らく地上高が影響しているのかなと。

 対策として Amazon のアウトレットに従来のヘッドライトハウジングにポン付けできる LED ヘッドライトバルブを見付けたので買ってみました(写真左上)。

 冷却ファンが基板前方に付いているため端子側の寸法がハロゲンと遜色なく、狭い KLX125 のフロントマスクにも無加工で取り付けられます。これで明るくなれば御の字だったのですが、ロー側はスポット的ながらハロゲンよりも明るく実用になります(写真左中)。画像では薄明るい部分が見えませんが実際はもう少し広い照射範囲です。対してハイ側は光が拡散してしまい遠くまで照らせません(写真左下)。また中途半端に街灯や後続車があるところだと光が負けてしまい尚更見えなくなります。

 KLX125 とこのバルブの組み合わせは夜でも明るくロー側だけで事足りる都市部なら使える、そんな印象です。残念ながら実際の通勤路でこんな状態な当方の用途では危なくて使えません。ハロゲンに戻すことを考えていたらもう一種、端子側が太くない LED ヘッドライトバルブを見付けたので試すことに。これでダメなら諦める方向で(写真右上)。

 冷却ファンを基板後方のリフレクタ内に配置することで端子側はハロゲン同等の細さですが、奥行きは長いのでノーマルの防塵カバーが被さりません。別に防塵カバーを用意して取り付け、メータ下のクリアランスは割とギリギリでした。ロー側は照射範囲も広くカットラインも出ており(写真右中)、ハイ側も遠くが照らせています(写真右下)。

 写真はいずれも通勤路を実走したものでほぼ同じ位置からの撮影ですが違いは明白。こっちのバルブなら使えます。後は寿命ですか。LED はともかく冷却ファンがあるのでハロゲンより持たないと予想しています。いや、LED もアセンブリは謎の大陸製ですから過信は禁物。価格も廉いので使い捨て感覚で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
2018年最初の記事なので明るい話をしようと思う blog de ジロン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる