blog de ジロン

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱物語

<<   作成日時 : 2018/03/05 00:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像 ウチのツーリングセローには GIVI のアルミトップケースの他に廃番となった MOTO FIZZ の防水サイドバッグを付けていましたが、風雨や紫外線を浴び続けることによる経年劣化には勝てません。これがダメになったら GIVI のサイドケースを付けようか、他に何か良い箱があるか(或いは粘っている間に良いのが出るか)などと考えていたのですが、自動二輪用のサイドケースはどれも大きいんですよねぇ...

画像 片側20リットルの内容量(現行のサイドケースで恐らく最小サイズ)とか要らないから、容量半分でいいので薄い箱が欲しいのですよ。で、無いなら何とかしましょう、と言うことで、Amazon basic のカメラ用ハードケースを流用してみました(写真上)。この手のケースは PELICAN が定番ですけど、如何せん高価で...GIVI の樹脂箱より高いと流石に厳しく、圧倒的に廉価なこちらを選択。公称で容量6.6リットル、小さ過ぎたかしらん?

画像 さて、右側には車載工具や紐、左側にはカッパを収納しましたが、カッパがギリギリでした。ロック自体は硬いのですがそれでも走行中に開くと怖いので蓋を南京錠で固定して完成。当面コレで運用してみましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
箱物語 blog de ジロン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる