投票日

 一部のマイナーな分野(笑)を嗜好する者にとって今の与党を支持することは自己を否定することに直結しかねないので、そうならない確率の高そうな投票行動をして来ましたが、思惑通りに行くのかは、私一人でどーにかなる問題でもありませんし、さて。影響を受けそうな業界側が目に観えるロビー活動するだけでも大分状況は変わるのでは? とも思うのですけどね。少なくともこーゆー機会には。

この記事へのトラックバック