果たして JASRAC は音楽配信を収益源に育てるつもりはあるのか

 JASRAC の著作権料徴収額が過去最高を記録したそうです(参考リンク)。音楽 CD が不振だと言われていますが、音楽産業全体のパイが小さくなっている訳では無いと言うことですね。

 (それはそれとして、何故にZガンダムが10位に入ってますか(参考リンク)。劇場版の公開は間に合っていないハズですが...?)

 そして iTMS に言及した部分では「日本のルールで」と発言しているようです(参考リンク)。パソコン向けの音楽配信が国内のルールで起爆しないことは先行各社や iTMS 以前の海外サービスが既に証明していると思いますが。狭い了見で判断を誤り、事業として成功しなくて良いと言うことでしょうか。着メロ/着うたが当たっているので積極的に折れる必要もないとの判断なのかもしれませんが、それは Apple 側も同様で iTMS 抜きの iPod が売れているなら不利な条件で始める必要はないのです。そして、もしそれが原因で収益源としての音楽配信普及の芽を摘んでしまったとしたら、公益法人としての JASRAC が戦犯として記憶されることになります。自分達が何をすべきなのか、もっと考えてから発言し欲しいところです。

余談:
 フリーで公開される MIDI ファイルへの課金を決めたことで DTM 市場を実質的に潰してしまったことの認識も、この調子では無さそうです。そしてそうした音楽に関る人の裾野を狭めた弊害は、将来に禍根を残すと思っているのですが...

この記事へのトラックバック