blog のコメントにどの程度の個人情報まで求められるのでしょうか

 小倉弁護士の結論は匿名性の排除と言うことでしょうか。ご自身が大量の割とケンカ腰なコメントに悩まされていた経験がおありなだけに、この帰結はある意味仕方がないのかもしれません(参考リンク)。

 ただ、多くの blog の持つコメント機能そのものが、残念ながら大変低機能な実装しかなされておらず、事実上管理不能なものだと言うのが私の結論です。従ってコメント機能そのものを最初から「無いもの」として扱うことも選択肢の一つだと思っています。私の場合は転勤に伴う投稿の容易さとトラックバック機能を目的に blog を導入していますし、以前から掲示板も設置していましたからそのように結論付けられる面があるとは思いますが、小倉弁護士の言う「コメントスクラム」を防止することを主目的に個人情報が必須と言うのはコメント投稿者に課する敷居が高過ぎるようにも感じます。

 ではどの程度の情報まで求めることができるのかと問われれば、有効なメールアドレスが精々では? と答えます。blog へのコメント投稿にこれ以上の個人情報を求めるなら、むしろコメント機能自体を無効にすべきで、その場合もトラックバック機能が有効ならコメントを無効にしても問題は無いはずです。フリーの blog からのトラックバックも可能ですが、現状では実質的に追跡不能な匿名コメンテイターは排除できます。それで充分ではないかと思うのですが、甘いのでしょうか。

余談:
 メールがスパムに塗れ利便性が大きく損なわれている現状を観るにつけ、blog のコメント機能が今のままなら遠からず同じ道を辿ると感じています。

この記事へのトラックバック

  • 「匿名」について考える

    Excerpt:  最近(以前から?)ブログ町界隈で匿名の是非について議論されているようなので、久しぶりにブログについて考えてみた。  匿名による情報発信には大きく2つの評価があるようだ。1つは内部告発など「社会的にな.. Weblog: よろずもめごと論 racked: 2005-05-27 00:37