プロバイダの提供するスパムフィルタ

画像
 BIGLOBE が 5/31 から会員向けに無償提供を始めた「迷惑メールブロックサービス」を導入してみました(参考リンク)。

 今まではメールサーバでのキーワードフィルタリングとメールクライアントでの振り分けで対処して来ましたが、どうしても限界は在ります。このサービスはクラウドマーク社の判定エンジンを国内で初採用しているとのことで、その精度にも興味は在りました。そして 80 パーセント判定で二日ほど運用してみた結果、今のところ10割。予想以上に便利ですね。このまま一月ほど様子を観て、誤判定が許容内ならメールクライアント側での、従来の振り分け設定を解除する等しても良いかもしれません。

この記事へのトラックバック

  • スパムフィルタのその後

    Excerpt:  ゴミ箱に放り込んだ直近のスパム 100 通の内、通常メールをスパム判定した”誤爆”は0、逆にスパムの判定洩れは3通。以前書いた通りフィルタ側での判定率は 80 パーセントへ設定していますが、大した精.. Weblog: blog de ジロン racked: 2005-06-07 23:28