第3世代 iPod は単三電池で何分駆動できるか

画像
 私の所有してる iPod(第3世代)の連続駆動時間が約4時間ほどまで短くなって来ました。iPod 自体を買い換える、内蔵バッテリを交換する等の手段は在りますが、最も廉価に単三電池用のバッテリホルダを購入してみました(画像)。

 さて、早速エンプティ状態の iPod に東芝 LR6 4本をセットした本機を接続しランダム再生させたところ、約1時間45分の連続再生が行なえました。それ以降充電は可能なものの iPod で演奏できるだけの電力は供給できないようです。元々の本機の機能である充電のみだったら内蔵バッテリへ2回程度のフル充電は可能と思われ、その意味では勿体ない使い方ですが、移動中にバッテリが切れた場合悠長に3時間程の充電時間を待てるなら電源の確保できる場所へ移動できる状況の方が多いでしょう。やはり緊急待避的な予備電源と言った使用方法になってしまうのでは、と予想します。尚、満充電で本機と併用した場合にどのくらい可動時間が延びるのかにも興味は在りますが、流石に実験しているだけの時間はありません。

この記事へのトラックバック