地上デジタルの行く末は...

 CS を使った再送信に加え、光ファイバ網での再送信を総務省が検討(参考リンク)し、局側もそれを認める姿勢を示しています(参考リンク)。

 これは単に非常用のバックアップ手段としてでは無く、結果的に 2011 年には中継局等の整備を含め地上デジタルが間に合わないことを裏付けたことになります。

 そして思惑ほど普及しないデジタル放送対応テレビに業を煮やし、アナログ放送終了を告知するステッカを貼るように要請する総務省(参考リンク)。

 いや、もう、必死だなと。そうまでして空けた VHF 帯を、具体的に何に使うつもりなんでしょう?

この記事へのトラックバック