DVD-Video のプロテクト

 暫く前にリリースされた DVD-Video 「カンフーハッスル」について、リッピングできない、と当時一部で話題になりましたが、実は DVD-Video 用の ARccOS と呼ばれるプロテクトが国内メジャータイトルで(多分)初採用されていました。

 さて、この ARccOS ですが、意図的にバッドセクタを配した、最初期の SafeDisc と似た原理のもののようです。これによりリッピングソフトにエラーを起こさせ、リッピングを防止することを目的としていると思われます。DVD 系書込みメディアに関しては CD-R で言う RAW モードを持ったドライブが存在しないため、比較的有効な手段かと思っていたのですが、既に一部のリッピングソフトに代替セクタを挿入する方法で対応されているようです。DVD 系メディアには CD-ROM ほど物理規格に曖昧さが無いので、例えば SafeDisc2 のように脆弱なセクタを配してそれ自身をチェックしたり、ProRing のように完全な無信号エリアを配したりと言った、これ以上の強化は難しいかもしれません。私の場合は誤爆の有無が気になるところですが、再生時に当該箇所をプレーヤ側の機能でスキップしているのため DVD-Video では問題無いかもしれません。尚、DVD-ROM のようにランダムアクセスやベリファイが行なわれるメディアには使えないと思われます。

この記事へのトラックバック