SME は iTMS-J の扉を叩くのか

 時系列的には ITmedia が 9/2 付で SME への iTMS-J への楽曲提供は検討しているとのインタビュー記事を掲載(参考リンク)、読売新聞が 9/4 に SME の iTMS-J への楽曲提供の方針を明らかにしたと 9/5 付で報じ(参考リンク)、それを受けて Impress が具体的な進展は無いとする確認記事を(参考リンク)、共同通信が読売の記事を追認する内容で記事を配信しています(代表して産経)。

 さて、私は読売の記事掲載タイミングに若干のズレを感じていますので、今回のスクープ(?)も従来から暗黙の了解として知られていたことを ITmedia の記事をキッカケに読売が掲載したに過ぎないと思っているのですが(読売は ITmedia からも記事提供を受けていますし)、何であれ具体的な動きに繋がれば御の字かなぁ、と思ったりもしています。実際、アーティスト側には提供したい意向が少なからずあるようですし(着うたを除けばその販売力は今のところ桁違いですしね)。

 ちなみに、私個人としては邦楽に関してはビクターの方が嬉しいかなぁ、と。洋楽は SME 来ないとどもこもならんようですが...(海外の iTMS でも決済してくれたらなぁ、と切に思ったりもしますが)

この記事へのトラックバック