判っているのに直せないジレンマ

 Winny を公開したことによる著作権法違反幇助の疑いで公判中の 47 氏こと金子被告が、キンタマに代表される Winny を標的としたワームに対し逮捕されたことで対策がとれないことを公判で暴露しています(参考リンク)。

 これは、公判が続く限り、或いは Winny を公開する行為が著作権法違反の幇助と認められた場合、Winny を標的とした脅威に抜本的な対策をとることができないことを意味します。Winny 自体に違法性が無いことには争いが無く、既に Winny 自体がそれなりに普及してしまっている現状、開発者を幇助罪を適用してまで逮捕してしまったことのしっぺ返しと言うことになってしまうのでしょうか。

この記事へのトラックバック