P2P と私

 昨日一昨日と取り上げた Winny の脆弱性はユーザレベルでの対策パッチ改良が着々と進んでいる状況ですので、判っている方にとっては収束していく問題なのかもしれません。折角なのでサイトの今後と P2P について。

 私は Winny も含め、P2P ソフトを否定しません。以前にも書いたことがありますが、もし「凧おるぐ」を閉めるようなことがあれば、それをアーカイブしてキャッシュ機能を持った P2P へ流すつもりでいます。残念ながら Winny は未完成なまま開発者が著作権法違反の幇助と言う形で逮捕、起訴され、未成熟な形でネットワークインフラとして存在する複雑な状態に置かれてしまっています。現状のまま推移するのであればその Winny を含め他に BitTorrent にもコミットすることになるのでしょうか。”3年後”が明確に読めない世界なのでそのときの世情に合わせることになりますが(別に3年で閉めると言うことではありません)、少なくとも改良や修正が犯罪幇助などと言われるような世界ではないことを願いたいです。

この記事へのトラックバック