交流戦真っ只中にプレーオフの話

 プロ野球セ・リーグでもプレーオフの実施を検討するにあたり、現在実施しているパ・リーグとその実施方法の調整が上手く行っていないようです(参考リンク)。

 昨年、一昨年とパで実施されたプレーオフですけど、両方のリーグが存在しその片方しかプレーオフを実施しないと言う条件下であれば何とか実施許可を与えられるルールだと判断しますが(それでも問題点多々)、セ側も実施するとなれば「リーグ優勝」を決める方法として長いリーグ戦の戦績が短期決戦で覆るパ方式は最低だと判断します。セ側が提案したようにリーグ一位を優勝とし、その上で両リーグの上位がタスキがけトーナメントで日本シリーズを開催する案の方が理想的且つ一般的です。それを蹴るほど今のパ方式が優れているとは到底思えません。それでも現行方式にこだわるなら、せめてリーグ一位を優勝として扱い、その上でセパ1チームずつが出場できる日本シリーズ出場権をかけて各リーグ内で上位チームがトーナメントする方式へ改めることが譲歩できる最低ラインでは無いでしょうか。

この記事へのトラックバック