プロとして

 今日のプロ野球ホークス vs ベイスターズ戦のこと。4対3ホークスリードの9回裏ベイスターズの攻撃1アウト1塁の状況で、三塁線上のゴロを三塁手が捕球したとき三塁審がファールの判定。それを観てベイスターズの走者は進塁を止め、その間ボールは二塁 => 一塁へと送られました。実は走者から観えない主審がフェアの判定をしており、そのままダブルプレーが成立しゲームセット。ルール上、インフィールド内の権限は主審にありますから主審の判定が優先されます。ただ、今回のケースで選手と観客がそれで納得できますか?

 プロ野球はチケットを販売して試合を観客に見せる”興行”です。以前、ジャッジもプロであれ、と言った旨書いたことがありますが、お金を出してわざわざ試合を観にきた観客を不快にさせる(=クライアントの要求を満たしていない)ことはプロとして失格です。観客が納得できるようなミスジャッジや恣意的な判定なら構わないんですよ。また、これがスポーツを名乗っておらずショーとしての演出ならそれもアリです。ですが、公正を唄いそれに見合う権限を与えられゲームを創る者がこんな醜態では、それこそ客離れを加速させるだけです。プロスポーツの審判は決してルールブック等では無く、プロとして興行を担う一員です。プロ野球人気回復云々を語るなら、そー言った部分にもメスを入れる必要があると痛切に感じた試合でした。

この記事へのトラックバック