WGA はスパイウェアか否か

 Microsoft が Windows の海賊版判定プログラム WGA はスパイウェアではないか、との指摘に反論しているようです(参考リンク)。と言うのも、WGA は毎日 Microsoft のサイトと交信しているとのことで、それを公式に認めたためそう主張せざるを得なくなったのが真相かもしれません。

 ところで、Microsoft 曰く「ユーザーの同意なしでインストールされることがない」とのことですが、以前私も書いている通り(トラックバック)WindowsUpdate を使用するためにはインストール必須のツールであり、にも関らず”詳細”を開かねばそれが WGA か否かは判らない画面になっています。そして先の挙動は一切説明していません。

 WGA の是非を今更どーのこーの言うつもりはありませんが、余り気分の良い仕様では無い(しかも指摘されるまで非公開)ことは否定できませんね。

この記事へのトラックバック