これは、新型の Cocoon ?

 スカパーチューナと HDD レコーダを組み合わせた「スカパー!DVR」が発表されました(参考リンク)。メーカ名は公表されていませんが、仕様的にはチューナを入れ替えたチャンネルサーバ Cocoon と言った印象を持ちました。もっとも、録画ファイル形式は MPEG2-TS をそのまま記録するだけでしょうし、Cocoon よりは色々楽だとは思います。

 ただ、その提供形式がレンタルのみと言うのは微妙に不便です。また、スカパー連動端子が省かれている(注1)ので CGMS-A を出力しない理由もありません(注2)。つまり十中八九アナログ出力に CGMS-A が付加されていると思って間違いないでしょう。等と考えると、私にはメリットが薄いとの結論に。残念です。

 ところで、同時にチューナを2台接続できる(注3)「2ルームアンテナ」も発表されていますが、結局はアンテナから2本のアンテナ線を配線せねばならず、やはりメリットが薄いです。アンテナを2台設置するより2本のアンテナ線を引き込む手間暇の方が私にとっては上ですし...

注1:自身で録画できるのですから必要性はないですね。
注2:スカパー完全対応を謳う本家 Cocoon では CGMS-A の付加された放送を録画できない機種があります。
注3:スカパーは2個の衛星を切り替える必要があるのでコンバータを2個備えるアンテナ以外では異なる衛星のチャンネルを一つのアンテナで受信できません。

この記事へのトラックバック