draft 向けジロン的な 2006/8/3

 Opera9.01 がリリースされました。9.0 での細かな不具合が修正されています。取敢えず私にとって致命傷だった、フレームページのキャッシュ処理(恐らくはサムネイル用のキャッシュが残っている状態で別のタブにそのページを表示しようとすると空白になってしまう)とネットワークストレージへダウンロードすると情報を消去するまでネットワークに負荷をかけ続ける不具合(これはまだ微妙ですが...)辺りの改善は行なわれているようです。Opera は6の頃からメジャーアップデートでエンジンを切替えてしまうので安定性が損なわれ、その後のマイナーアップで fix するパターンが続いています。今回も 9.01 でよーやく移行できるとの印象です。

 Winny でファイルを公開しているホストへの削除要請が一部行なわれているようです(参考リンク)。アップロードとキャッシュの区別はつかないと思うのですが、いっしょくたなんでしょうか。で、実施したプロバイダが DION って部分はツッコムトコロですか?

この記事へのトラックバック