予言?(つーかゆるーいプロ野球話)

高校生ドラフト:インフォシークが抽選前に「田中は楽天」
高校生ドラフト:田中は楽天、堂上は中日が交渉権

 まぁそれはそれとして、ファイターズの金村が色々やってしまいました(参考リンク)。その昔「ベンチがアホやから野球がでけへん」と記者に誘導(?)されて引退した選手も居ましたが、今回は状況が違います。長年優勝争いから遠ざかっているチームの場合、いつもは個人の記録を稼ぐ時期だったことは確かで、チームの側も個人成績を重視して査定していました。その辺の意識もあってポロッと誘導(?)されてしまったのかもしれませんが、残り試合数が2~3試合になっても上位3チームの順位が決まらない大混戦の上、当日は文句が言えるような調子ではなかったこともあり誰からも援護がありませんでした。結局プレーオフにも登板できないことになり、ファイターズとしても痛い結果になってしまいました。

 プロスポーツは結局のところ人気商売です。何をやってもファンだろうがアンチだろうが金を落とす人間が増えてしまえば勝ちであることは事実です。それに徹することができるのかも一つの才能なんですよね。ちなみに、ベンチがアホやから~の人はその才能を別の方面で発揮して、ある意味成功したと言って...良いのかまた微妙なんですが(笑)。

この記事へのトラックバック