ファイターズが今年の日本一に

 ドラゴンズとファイターズで争われていたプロ野球日本シリーズは、ファイターズが4勝1敗で制しました。

 地力ではドラゴンズの方が勝ると言われていて、私もそう思っていました。今年は両チームとも同じような試合運びを得意としており、そうなると内野の守備力と先発完投型の投手力でドラゴンズの方が有利だと考えられましたが、終わってみればドラゴンズは小さなミスが致命傷となり、打線はファイターズの継投に要所を押え込まれてしまいました。ファイターズが3勝を挙げた時点で決まったかな、と言った印象を受けてしまったのも正直なところです。

 取りも直さず今年のプロ野球を盛り上げた両チームにご苦労様を。特にパリーグに火を付けたのは紛れもなくファイターズだったと思います。テレビ放送的には特に巨人戦が振るわず放送されない試合すら在りましたが、巨人戦にこだわらなくとも面白い試合、盛上がる試合があることを、今年の日本シリーズは示せたのではないでしょうか。まぁ、それ以上につまらない試合があることも事実なので、それでも最後まで放送できる放送形態の模索が今後の課題なんでしょうね...

この記事へのトラックバック