役に立たない DRM、その意外な原因(?)

 ITmedia の海外記事で、Apple 以外の DRM を施した音楽ファイルは iPod で聴くことができないため、結果的に音楽配信のブレーキになっているのではないか、と言った旨の記事が掲載されています(参考リンク)。微妙に本末転倒的な考え方ですが、それでも
DRMは役に立たない。違法コピーを解決していない。消費者の役にも立っていない。消費者はDRMを税金のようなものと考えている
 と言う意見は実に正論だと思います。

 それにしても、最も普及しているプレーヤで再生できない DRM にも確かに存在意義はありませんわね。まさか iPod のひとり勝ちが(一部とは言え)このような意見を導き出すとは当の Apple にも予想外だったでしょう。

この記事へのトラックバック