ジョブズの提案

 iTunes Store で販売している楽曲に DRM を施しているのは四大レーベル側が求めたからで、もし彼らから DRM 無しで楽曲が提供されれば iTunes Store でも DRM 無しで提供する、との内容を含んだコメントを Apple Inc のジョブズ CEO が公開したとのことです(参考リンク)。

 自社に向けられている iTunes 用 DRM である FairPlay を他社にも公開せよとの圧力に対し、それは筋違いだから大手レーベルへ DRM 採用断念を求めてくれ、とのことなんでしょうけど、こーゆー提案をサラッとしてしまう辺りが氏の資質なんでしょうね。

 ま、当然批判もある訳ですが、そもそも iTunes Store で購入した曲も CD-R へ焼付けた時点で DRM は解除されてしまいますし、同一 LAN 上に置かれた他のパソコン合わせて5台までシームレスに使える柔軟性やバックアップの簡便さは他社の同種 DRM よりはるかに使い勝手がよく、iTunes の世界で閉じた環境なら大きな不満は感じません。思想や実装がユーザの視点に立てているか否かの差は実に大きいと思う次第です。

この記事へのトラックバック