撃墜マーク

画像 統一地方選後半戦が明日の投票日を待つのみとなりました。長崎では選挙制度の根幹を揺るがすような事件もありましたが(実際制度的な不備も露呈してしまいましたし)、取り敢えずは静かな日々が戻って来ます。それにしても、選挙カーを繰り出してただ名前を連呼することだけが選挙運動だと思っているような方々が行政の場に出られる世界と言うのも、何と頭の悪いものかと切実に思ったりもします。

 と言う訳で、今日1日、私が自宅に居る時間帯に聞こえてきた、”名前しか連呼していない”立候補者に赤Xを付けていました。今日廻って来なかった方、或いは外出中に廻って来た方は運が良いとも言えますが、少なくとも私の票がこれらの方々に行くことはありません。選んで欲しいのならせめて最も重視している公約くらいは喋りなさいよと。だいたい15秒くらいは聞こえているのですからそのくらいを絡める時間は十分にあるはずです。それすらせずに名前と、頑張ります、よろしくお願いします、だけで、何を如何しろと言うのでしょうか。まぁ、趨勢が七割方は組織票で決まってしまうような選挙制度ではそんな必要も感じていないのかもしれませんが、そーゆー部分に No を突き付けることに自分の票を使うことも選挙を”楽しむ”方法かな、とも思います。

この記事へのトラックバック

  • ネット選挙の一歩手前を画策中 ─判断材料は政策のみ─

    Excerpt:  ネット利用の選挙運動 ─愚民集団・池田党(=公明党)─でも書いたが、存在意義の無い池田党(池田教こと創価学会の狗、公明党)が政党として存在している限り、政府が現代社会に対応する事すら不可能である事が.. Weblog: 漆黒ノ軍皇 racked: 2007-05-06 19:07