DRM の要らない世界

 音楽 CD の世界では最近ロクなことしてこなかったイメージの EMI が、音楽配信で大手レーベルとしては初めて DRM 無しの配信を開始することは既に彼方此方で報じられています。結果的にジョブズの呼びかけに応えた形になっていますが、ここは素直に歓迎すべきことなんでしょうね。

 ただ、問題は国内ではどうなるのかってことです。東芝 EMI は既に EMI の子会社ですから絶望的なほどの支障はありません。にもかかわらずもし国内で実現できないのだとしたら、そこには別のベクトルが働いていることになります。そしてそれはユーザにとって紛れもない”敵”ですから、これからどんな力が働くのかを見極める必要があるでしょうね。

 元麻布氏もコラムで述べていますが、大人しくていたら国内での利便性は下がる一方だと感じています。利用できないコンテンツばかり垂れ流されて何が知財立国なんでしょうか。底辺を広げる方策無しに頂点が高くなることはありません(天才が登場する偶然に頼る以外は)。現在強いと言われるコンテンツとそうではないコンテンツの成立ちにどんな違いが在ったのか、頭の良い方々には既得権者に流されることなくもっとしっかり研究して頂きたいと思います。

この記事へのトラックバック