マンガの公衆送信権侵害で逮捕

 ”あの”京都府警がスキャンした漫画を Winny で公開していたとして3名を逮捕したと報じられています(参考リンク)。なるほど、少年サンデー誌上で絶チルを連載している椎名高志氏がご自身のサイトで書いていた件はコレだったんですね。

 さて、私が気になるのは公開者を特定した手段なんですが。Winny の可視化ツールを使用した成果か、或いは3名とも掲示板で予告したり比較的有名な存在だったとのことでそっち方面からの追跡なのか。多分後者だと思いますが、その辺は公判が始まってみないと明らかにはされないでしょうね。侵害を発見して権利者へ問い合わせが行くまで2ヶ月弱、それから逮捕までが3ヶ月程度。これが長いのか短いのか、私には判断できません。

この記事へのトラックバック