未承諾広告

 総務省がいわゆるスパムメールに対し、受信者の同意のないものはすべからく違法とするよう規制強化する方向で検討中と報じられています(参考リンク)。

 実際問題拙宅の場合は1日に3桁のスパムが届き、フィルタで殆ど手元までは落ちて来ませんが放っておくとメールボックスが溢れます。そう言う意味では歓迎すべきことではあるのですが、実効がどの程度かを考えるとやはり心許なく。と言うのも、現在は”日本語”のスパムは実は少数派なのです。ある時期から海外ドメインから1バイトコードで送りつけられるスパムが急増し、今では8割方がそうなってしまいました。これではスパムの方にも効果はないと思うのですが、そんなマーケティングのことまで考えて送り付けているとも思えないので粛々と弾くしかありません。規制強化した場合、こう言った海外発のスパムをどれだけ抑制できるのか実に悲観的です。

 そんな訳で、どの道送信アドレスなんて偽装されているのですからそろそろ国内から発信されていないメールは全てメールボックスの前で弾くように設定しなければならないのかな、と悩み中。取り敢えず大陸と EU 方面のアドレスは粗方潰したと思いますので今後に期待したいところですが(設定してから数日は半分程度に減っていますが、いつまで続くやら...)。

この記事へのトラックバック