答えは簡単なんだ

 DRM を付加したままデジタル放送に移行したら現状の補償金制度は不要と主張する JEITA に対して”権利者”の方々が質問状を提出したとのことです(参考リンク)。そんなことをしなくても答えは至極シンプルなんですよ。「補償金が欲しいのならコピーフリーにすればよい」だけの話です。

 そもそも「コピー制御もしますが補償金も寄越せ」って話が間違っているんです。複雑怪奇なダビング10なるムーブ試行回数をどうのこうのするよりも、余程判りやすいでしょう。

この記事へのトラックバック

  • コピーワンス緩和 これだけでは不十分!

    Excerpt: 不便だったデジタル放送の録画制限の緩和が年内にも実施される見通しとなりました。しかし、その緩和策は全く不十分。このままでは2011年のテレビ放送完全デジタル化はとても歓迎できないものになりそうです。 .. Weblog: 極もん底値ブログ racked: 2007-11-14 07:10