draft 向けジロン的な 2007/12/29

 例によって某マンガ祭に興味はありませんが、取り敢えず明日晴れたら今年最後に秋葉原辺りへ出張ろうかと。予報通り雨が午前中で上がっていたら今日でも良かったんですけどね、結局昼の一瞬日が出た以外1日雨でしたし。

 大型二輪購入後は長距離が全く苦ではなくなったこともあり、都心方面程度の距離なら二輪で行ってしまいます(秋葉原なら片道約 60km)。高速道路使えば時間も電車とトントンですが、それでも冷静に考えれば電車の方が楽ですし価格的にも安い罠。特に今の時期や夏場は...ねぇ。それでも二輪に乗ってしまう辺りが二輪乗りの自虐性なんですけど(笑)。

 その二輪生活ですが、何故か急に全盛期の”レーサーレプリカ”(not 現在の”スーパースポーツ”)に乗りたい病が発症して困っています。例を挙げると Kawasaki なら ZXR400 or 750 クラス。ZXR400 は過去に6年ほど乗っていたのですが、今のレベルでもう一度乗ってみたいなと、そんな感じで。実用性は皆無ですし年齢的にも全盛期は過ぎているのですが、逆に TDM850 に乗り始めて10年後はもうコレよりキツいマシンには乗れないかな、今が乗れる最後かな、そんな思いが沸々と。もっとも、TDM850 から乗り換える意志は全くないので、また増える and 2年限定的な、それに 1990 年前後の車両だともう結構な旧車の部類ですから、長期の維持も難易度高そうです。ま、このテの病は我慢できれば過ぎ去ってしまうので耐えるのもアリですが。

#現在の”スーパースポーツ”に乗りたいと思わないのは我ながら不思議です。

この記事へのトラックバック