パイの大きさは無視できない

 合衆国の Napster がダウンロード販売でのファイルフォーマットを MP3 形式に転換すると発表しています(参考リンク)。これは iPod の一人勝ちが続いている現状、拡販のためには仕方の無かった決定とも言えるでしょう。

 それも当然で、パソコン向け音楽配信では最終的な出口をほぼ iPod が占めており、その iPod では Napster が従来採用していた WMA を再生できません。かと言って Apple は独自の緩い DRM である Fairplay を外部へライセンスしていませんから、DRM を施した状態では最も大きな市場に対してアプローチできなかったことになります。そうなると方法は DRM を放棄するしかありません。ならば自然と AAC よりもよりデファクトである MP3 を採用するとの流れになるでしょうね。

 さて、国内のナップスターはどうするのやら。MP3 での販売となれば選択肢として浮上するのですが。

この記事へのトラックバック