傷は最小限だったのか

 ところで、コピーワンスに対応した規格自体が消え去ってしまう場合、コピーワンスに則って記録した情報自体も命運を共にしてしまうことが現実になろうとしている訳で。メディア自体が保っても再生するハードが無くなってしまえば終わりなので、今後東芝がどのような対応を行うのかが注目されます。

 ちなみに、例えば SONY は今でもベータテープの供給を続けていますし、PIONEER は撤退発表後4年以上経過した現在もレーザーディスクプレーヤをラインナップに残しています。一般に普及したとはとても言えない HD DVD では、果たして?

#VHD は...いいか(マテ)。

この記事へのトラックバック