時間切れドロー

 ダビング10と称するデジタル放送におけるムーブ試行回数増加策の実施開始”予定日”は今年の 6.2 とアナウンスされていました。ところが、録音録画補償金に対する議論がまとまっていないことからいつまでも予定日が確定せず、周知、準備期間を含めると事実上の時間切れ延期となりそうです(参考リンク)。

 機器メーカや放送局としては北京五輪に間に合わせたかったところでしょうが、ホスト国が自爆して正直まるで盛り上がっていないので関係なさげとか、そもそも現行機器ユーザや編集してサーバに放り込むような運用をしたい方にとっては緩和と言いながらゼロ回答もいいところだったため、いっそ無かったことにして最初からやり直して頂いても全然構わないとも思っているのですが。

この記事へのトラックバック