出来レースの上に頭の悪い結論

 文化庁が HDD レコーダ本体と iPod に代表されるポータブルプレーヤへ録音録画補償金を課す案を提示しました(参考リンク)。文化庁的には最初の小委員会を立ち上げたときから示したかった結論がようやく出せたってところでしょうけど、今に至るまでなぜ、どう言った根拠で補償金が必要なのか、補償金は適正に処理されているのか、著作物に使用しなかった場合の返還方法の確立等、従来からの問題点は全部すっ飛ばした上での提示ですから、そりゃー反対意見も出るでしょう。

 私は従来より補償金を捕るならコピーフリーコンテンツのみと主張していますが、その至極簡単な道理がお役人には理解して頂けないようで、ならばもう一歩踏み込んだ譲歩案を出してみましょうか。

 ”補償金を課すのは孫コピーを許した専用機器、メディアのみ。”

 孫コピーを許していない機器では、クラックされない限り補償が必要なほどのコピーは存在できないのですから補償金も必要ありません。この場合 HDD レコーダは対象となりますが iPod は出口がないので非対象になります。また、音楽用の CD-R や CPRM 非対応の録画用 DVD-R(あるの?)は対象となりますが CPRM 対応 DVD-R は出口がないので非対象となります。DRM への移行を目指し、且つ補償金の縮小を目指すならよほど方向性としても健全ではないでしょうか。

 とか書いていますけど、私の意見は河村委員の「補償金が無くなることよりもユーザーが自由に利用できることが確保されることが必要ではないか」に近いのですけどね(笑)。

この記事へのトラックバック