1バイト文字圏と大阪圏

 スパムメールは相変わらず1日に3桁通ほど私の所有するアドレスへ送りつけられているようですが、以前述べたようにホワイトリストを作成した上で1バイト文字圏、及び大陸、半島方面のタイムコードをフィルタリングしてしばらく様子を見たところ、現在は1日10通前後まで押さえ込めています。タイトルやアドレスでフィルタリングするより余程効果的に思えますが、必要なメールもフィルタリングしないように注意は必要ですね。

#スパムを保有メール数にカウントしない運用ルール改定がもう少し早ければやりませんでしたが(笑)。

 掲示板へのスパム書き込みも相変わらずですが、これまた相変わらず国内のものはほとんどが大阪圏のリモートホストから書き込まれています。そんななか、先日某大学保有のアドレスが送信元となっていたのは初めてで興味深かったのですよ。これに限らず、希に有名企業保有のアドレスからのスパム送信があって、こーゆーのは連絡した方がよいのやら悩むところです。海外のアドレスなら遠慮無くフィルタかけられるのですが、国内のだと対処が難しいのですよね...スパムのリモートホスト調べてるのもその辺を目的としているのですが、大阪圏が多いなぁ以外の傾向が掴めていませんし。

 blog へのスパムトラックバックも1バイト圏からのものが増えましたね。業者の側も新たな収益源確保に余念がないようですけど、悪貨は良貨を殺すのですよ?

この記事へのトラックバック