スパムメールへの対抗

 広告タイプの電子メールに対し、送信可否を最初に確認するオプトイン規制が12月より開始されます。その効果や影響について InternetWatch でインタビューしていますが(参考リンク)、勝手に送りつけて拒否の返送があったら有効なアドレスとして収集されるジレンマを考えると、一方的に拒否ができるようになるのは大きいと考えます。

 その駆け込みなんでしょうね、今月に入ってから少々落ち着いていたメールマガジン系のスパムメールがちらほらちらほら...あー、鬱陶しい。

 とは言え拙宅に届く既にスパムの大部分が2バイトコードではないので効果は限定的でしょうか。取り敢えず大阪方面からの発信を何とかするだけで随分とマシになるよーな気もするんですが(苦)。

この記事へのトラックバック