みずのしるし

画像 関東地方ではキー局に続き独立局でも地上デジタル放送にウォーターマークの表示が始まり、拙宅の視聴環境ではチバテレビが表示開始してほぼ全局が出揃いました。キー局はともかく独立局のウォーターマークは余り目にする機会もないでしょうから簡単に紹介。表示を開始した順に上からテレ玉、TOKYO MX、チバテレビです(画像)。サイズは原寸と言いますかドットバイドットと言いますか、そんな感じ。

 テレ玉はデザインが若干変遷しましたが今の形に落ち着いています(好みは棚に上げます)。この三局の中では最も濃度が濃く設定されています。

 対して TOKYO MX は非常に薄く細く、少しでも明るいシーンでは殆ど判別できません。反面、暗いシーンで急に浮き出るような格好になるため地味に目立ちます。

 最も最近に表示を開始したチバテレビ(ちなみに”チュバテレビ”もオフィシャルな発音です/笑)は濃度は薄いものの面積が大きいためちょっと気になりますね。

 そんな訳で三者三様再びな状況ですが、それにしても放送画面を劣化させることでしか著作権を守れないと思われているのは、なんだかなぁ、と言う気にさせられます。

この記事へのトラックバック