硬い板

画像 何気に IO DATA GV-D4VR を買ってきました。D4 入力まで対応したハードウェアエンコードキャプチャカードです(写真)。

 ざっと使ってみましたが、SKNet MonsterX を使っている目からは負荷の軽さとファイルサイズの小ささは実によい感じです。反面、MPEG に圧縮するためどうしても画質には劣ります。それと、今のところオートゲインコントロールを切れないので若干白方向に飛んでしまうのが痛いですね。

 ちなみに、CGMS-A を識別しますのでコピーワンスフラグを検出(デジタル放送を直接入力)すると暗号化してキャプチャし、ネバーコピーフラグ(デジタル放送をレコーダに録画して再生したもの)ではキャプチャできません。一応そう言うことで。

 ところで、拙宅の環境では出来上がった MPEG ファイルから音声の編集ができません。映像はできているのですが、この辺もう少し研究(?)が必要なようです。

この記事へのトラックバック