疾風迅雷

画像 SerialATA の HDD を二基調達し Striping を構成しました。単品での速度は測っていませんが、ATA133 を PCI 経由で Striping したときより Write で三倍弱、流石にこれでドロップはありませんでした。

 ATA133 でもチップセット直結なら速いのですけどね(実際 MonsterX 載せているマザーではドロップはありません)。今のところ単体性能で ATA133 以上の速度が必要なのか、SerialATA 登場当初は思っていましたけど、理論値 133MB/s(当然実測値はもっと下がります)と言う速度の限界が観ていることは今回実感できました。

この記事へのトラックバック