未必の境界

 Winny 作者に対する著作権法違反幇助が争われた裁判で、大阪高裁は罰金刑とした一審を破棄して無罪を言い渡しました。

 面白いのは(判決文はまだ読めないので報道されている範囲ですが)、Winny 自体は価値中立的なソフトである、作者が著作権法違反に使われる可能性を認識していた、との事実認定は一審と変わらないのです。にも関わらず判断が分かれたのは、元々一審段階で有罪とするには少々無理があった(ので罰金刑と言う非常に軽い判決となった)ことも考えられますが、価値中立のソフトがどの段階から幇助になるのか判断できないことも大きいのでしょう。

 何しろ価値中立としたことで制作した段階では幇助に問えません。一審では著作権法違反にも使われているのを認識した後も改良を加え続けたことで幇助の意図があったと認定したのですが、高裁ではその境界が明確に立法化されていないため慎重に判断せざるを得ない、としているようです。実際、Winny2 以降ではメインの実装は BBS 機能でしたし、ある意味”真っ当な判断”なのかもしれません。

この記事へのトラックバック