blog de ジロン

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮想舞踏会

<<   作成日時 : 2009/11/14 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 Windows7 をホスト OS、WindowsXP と Windows98SE をゲスト OS としていくつかの仮想環境を試してみました。XP モードが使える場合はそれで。以下雑感。

・Virtual PC(Microsoft)
 Windows7 で動作するバージョンは、基本的には XP モードを前提としています。ライセンスがあれば他のバージョンの Windows でも一応はゲストにできますが、余り最適化はされていません。特に Windows9x 系のサポートは切られているのでマウスの統合等の機能も使用できなくなっています(Vista 以下のバージョンをホストとして Virtual PC 2007 以前で拡張機能をインストールしたイメージなら使えるようですが、何れにしろ制限も多く実用になりません)。動作には Intel VT や AMD-V 等の仮想化支援機能が必須です。ただ、条件が厳しい割に動作は重く、やはり XP モード専用と思った方が良さそうです。

・VMware Player 3.0(VMware)
 仮想環境と言えばコレが代名詞でしょう。実際、安定性、動作速度とも実用域に達しており、若干の癖はありますが VT や AMD-V をサポートしていないパソコンでも XP モードを使用できます(XP モードのライセンスは Virtual PC と紐つけられていないので VMware で動かしても良いとのこと>参考リンク)。では VMware のユニティモードは XP モード代替となり得るかは、微妙(笑)。DirectX を要しない、そして動作環境があるなら仮想化を余り意識しなくても良い純正環境の方が勝る印象です。逆に、純粋に仮想PCとして使う場合はあらゆる面で Virtual PC を上回ります。Windows98SE でも DirectDraw を使用したゲームくらいまではストレス無く動作するのは流石としか(Windows9x では設定にいくつか注意点がありますが、それは後日)。VMware の最大の難点は Download までの敷居の高さです。住所電話番号まで求められる必須入力事項の多さに加え、スクリプトを仕込んだ HTML メールによる認証が必要です。これが、もう、最初の登録ではエラー吐きまくって全く認証できず、Gmail アカウントで再登録して、IE 使ってよーやく通ると言う有様で二度とやりたくありません。メジャーになりたいならこの辺から改善を要しますよ > VMware

・Virtual Box(SUN)
 上記二者に比べるとマイナーでしょうか。それでも WindowsXP をゲストにする限り、特にシームレスモードの使い勝手は賞賛に値します(笑)。ただし、XP モードには非対応ですし(予め展開済みの VHD のマウントはできます)、何より Windows9x 系への最適化が行われていないので使い物になりません。面白いのですが Windows 系 OS をゲストにする限り、現状では VMware に分があると言わざるを得ません。もっとも、生成される仮想マシン自体は VMware に比べ素直な構成なので、使い勝手はかなり良いです。もう少し成熟すればと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
仮想舞踏会 blog de ジロン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる