嘘から(望まない)事実を引き出そうとする勢力

 既に元記事は削除されていますが、少しの間 YOMIURI ONLINE へ単純所持を禁止する児童ポルノ法改正案に民自公が合意し、社民党を説得して全会一致での今国会成立、と言った旨の記事が掲載されました。保坂氏もご自身の blog でそこまでの経緯を書いていますが、その後の情報でそう言った具体的な動きは現段階ではなく、結果として記事は飛ばし・デマであったとの報告もあります(参考リンク)。この流れ、何かを思い出しませんか?

 そう、一連のいわゆる”陵辱ゲーム”規制の発端によく似ています。あのときは毎日新聞でしたけど、記事が出た段階で業界側に規制の話は一切無く、完全に飛ばし・デマでした。ですが、当時は最大の規制推進派が与党側に居たこともあり、このような搦め手で既成事実化されてしまい何らかの規制を施さねばならない状況に追いやられています(この辺の流れは、まぁ、書くにしても何年先になるやら/笑)。

 今回はそう言った勢力の最大が野党へ転落していることもあり事がそう易々と進むとは思っていませんが、全くもって油断なりませんわ、ホントに。

この記事へのトラックバック