馬の足

 東京都副知事のお一人が、BS デジタルの番組内で実際のコミック本を晒しながら東京都の実在しないものへの規制案に対する理解を訴えたようです。あー...やっちゃいましたね。それを貴方が行ってはいけないのです。

 案ではこれから「有識者」と言う謎の集団からなる謎の組織によって個別判断されることになっています。行政の頂上付近に居る人間が予断を与えるようなことを行ってはなりませんし、そもそも案自体が個人、或いは一部集団の道徳観によって起草されていることを示す結果にもなっています。

 そんなことも理解していない作家風情が高い位置から識者面で下達している様子は醜悪にすら感じます。
新たにロリ規制をもうけただけの話。その場合、近親相姦や強姦などを肯定的に繰り返すものに限定して不健全図書に指定され、書店の棚を18歳未満でないところにする。
 何度でも書きますが、それは誰の道徳観なのかと言うことです。現在違法でも何でもない行為に行政が踏み込むことなのか、何故ゾーニングの推奨や指導ではなく規制なのか、今まで議論されていませんし当事者にも知らされていません。冒頭のコミック本叩きにしたって当該著者の話を聞いてもいないようです。順番が根本的に間違っているんですよ。

#遠慮がない?
#いや、某宗教屋に近い連中にはどーもリミッタが効かないようです。

この記事へのトラックバック