ダメなものはダメだからしょうがない

 東京都の非実在青少年規制条例案について、民主が否決する方針であることから自民公明は修正案を提出するようです(参考リンク)。いや、文言変えただけで中身が変わっていなければ意味は無いのですが。

 記事中では譲歩のように書いている「条例施行3年経過後に検討の上、必要な措置を講じる」附則も、3年後の強化や罰則の導入辺りまで睨んでいるのは今までの例からミエミエなので、流石に騙せないでしょう。

 そんな訳で、現段階で反対を表明している方々が「一定の譲歩を引き出した」として賛成に回らぬよう注意が必要です。

この記事へのトラックバック