宴の後

 参院選の結果を簡単に総括。

 民主党。自民公明党の前では”風”が吹かないと選挙区で勝てないと言うこと。そしてその”風”を菅さんの不用意な消費税発言で自ら止めてしまい自滅。

 自民党。流石に選挙区では強い。ですが比例区では伸びていません。旧来型の戦術で勝ったと言うことでしょうか。

 公明党。選挙区で自民に貢いだ分を比例区で取り戻せていませんね。と言うか自民の比例が弱いので一方的に損している印象。

 社民党。今回は比例区で二議席のみ。党勢の凋落傾向は止まりません。

 国民新党。今回当選0。選挙で勝てる顔が亀井さんだけってのはいかにも辛い。

 みんなの党。躍進。消費税の前にやることがある、との主張が正論過ぎて穴がありません。

 ”こっち側”的に観ると、民主党の枝野さんは苦しい立場です。長期の幹事長続投は無理でしょう。社民の保坂さんも比例で次点落選。党の凋落傾向に足を引っ張られている印象です。悪いことばかりでもなく、同じ民主党でも規制推進派で比例区のため落とすのが難しかった円よりこさんが落選しています。自民党でも松浪さんが落ちていますし、みんなの党から出馬していた推進派も届いていません。プラマイはゼロくらい?

この記事へのトラックバック