ただし(実写を除く。)

 東京都が提出する「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」の変更内容が判明しました(参考リンク)。なんですか(実写を除く。)って。

 私はゾーニング強化自体には反対しませんが、公が行う以上それは上限の撤廃、或いは緩和とセットでなければ法としてバランスが取れなくなります。そもそもこの国には著しく公序良俗を乱す図画は存在しないことになっているのですが、そこに青少年にのみ悪影響を与えるような図画類の区分を新設しようとしているのですから余程客観的な論拠が必要とされます。しかし、結局それは今に至るも提示されぬままです。

 それと、
婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交類似行為
 この一文は条例案を作った方が民法の条文を理解していない(読んでいない)ことも露呈してしまっています。実際は禁止しているのではなく「婚姻届が提出されても受理しない」だけです。この辺に個人の道徳観やら宗教観やらが垣間見えて気持ち悪いのですよ。

補足:上の受理云々。同じじゃないです。公的に婚姻届を提出することによるメリットを受けられなくなるだけで、婚姻自体が禁止されている訳ではないので。そのメリットも相続に関することくらいしか見当たりませんが...まぁそれが大きいのですけど。

この記事へのトラックバック