知らないことは調べてから発言しましょう

 節電にかこつけて石原さんと蓮舫さんがピントの合っていない発言をしていたらしいので突っ込んでおきます。

 まず都知事の石原さん。節電のためネオンや自動販売機、コンビニなどが消費する深夜電力を抑制する条例を検討したいとのこと(参考リンク)。基本的に捨てるしかない余剰電力を抑制したってそれは節電には無意味です。節電と言うのなら、むしろ深夜電力を蓄熱や揚水等で積極的に使用し昼間ピーク時に使用する電力を抑えるよう誘導することの方が余程有効なんですよ。

 次に蓮舫さん。節電対策の一つとしてサマータイムやフレックスタイムへの誘導を図りたい旨発言したらしいです(参考リンク)。フレックスはともかく、サマータイムは日の長い夏期に時計を1時間進めますから2時間残業して下さいね、って制度です。労働時間と生産量、或いは余暇に使った際の消費の量を増やすための方法論なので節電とは真逆の結果になります。

 各々影響力の大きな方々なんですから、思いつきではなくキチンと調べてから発言して下さい。ホントに。

この記事へのトラックバック