認証の罠

 ダウンロードサイトの DMM では登録ユーザに対し毎次認証を行うことによりダウンロードしたタイトルのプレーを許可しています。その DMM からのお知らせによると、今月末のシステム変更に伴い起動できなくなるタイトルがあるため、9.30 までに当該タイトルを再ダウンロードして欲しい、とのことです(参考リンク)。

 本件の場合、ユーザには何の落ち度も無いのですが、期限内にダウンロードを行わないと自分の購入したタイトルを失うことになります。しかも、販売終了タイトルの救済処置はありません。

 私は、自分が金を出して購入したものの生殺与奪の権利を他人に握られている、と表現していますが、こーゆーことがあるから認証型のタイトルは怖くて買えないのですよ。それは以前に Play Gate が悪例を残していますが、サービス提供を登録会員へ限定している DMM の現在の方式でもまた起こり得ることを図らずも例示してしまったのかなと、そんな印象です。

この記事へのトラックバック