draft 向けジロン的な 2011/9/4

 新内閣の組閣も終わり各紙の世論調査の結果も出たようです。ざっと観て、今回は随分と幅がある印象。内閣支持率の高い順に、
日経:67パーセント
読売:65パーセント
産経:62パーセント(共同通信による調査)
毎日:56パーセント
朝日:53パーセント
 となり、首相が松下政経塾出身である、財政再建(増税容認)論者であることを加味すると面白い結果です。ちなみに与党の政党支持率が高い順だと最下位の朝日が31パーセントでトップになります。更にちなむと野党自民党の支持率は産経で23.6パーセント、毎日では16パーセントです。

 と言う感じで数字を並べると、何らかの意図があるように感じられる...ように書いてみました(笑)。実際の所は、政党支持率に関しては朝日以外は概ね内閣支持率に近い傾向ですし、野党の支持率が与党に逆転されたのも各紙で共通していますので、数字の大小以外傾向はほぼ共通していると思われます(朝日の与党支持率だけ少々イレギュラーな数字です)。

この記事へのトラックバック