テレビと言うもの

 拙宅で契約している CATV 局が来月より CS の一部チャンネルを HD 化します。それに伴い STB の半額セールを行っていて、Panasonic TZ-LS300P も半額なのは少々魅力的。ただ、肝心の HD 化される CS チャンネルが微妙なので悩みどころではありますが(例えば ANIMAX は HD 化されるのに KIDS STATION は SD のままとか)。上位にはダブルチューナ搭載の半島製 STB もありますが、拙宅は CS 契約のみのため必要性が薄いです。スカパーにも加入していますし。

 そんなことを考えていてふと気が付いたのですが、拙宅には既に「テレビ」がありません。アナログチューナ機すら引退させましたから。まさかそんな日が来るとは、ED ベータ機複数台抱えてライブラリ作ってた時代には思いもよりませんでしたよ。もっとも、その頃もモニタにはチューナレスのプロフィール HG を使っていましたから「テレビ」への執着はそれほど無かったのかもしれません。

 ちなみに、そのプロフィール HG(KX-21HD1)は 9801 のモニタとしても使っていました。当時 98 がネイティブで繋がる最大クラスのモニタでもありましたし。

この記事へのトラックバック